頭鳴りの種類はこうして分けられる!

頭鳴りとは実際には音が鳴っていないにも関わらず、鳴っている症状を表します。全て同じように扱われているかと考えられがちですが、実際はいくつかの種類分けをすることが出来ます。

頭鳴りの種類

関連:http://www.miminari-web.net/shoujou/zumei.html

例えば体の中で実際に音が鳴っていて、それが耳に聞こえてくる症状を他覚的頭鳴りと呼びます。これは聴診器を当てることで医師の耳でも聞こえることから、その名が付きました。

この場合は耳というよりも他の体の部位に原因がある可能性が高いため、その分早めの治療が必要である恐れもあります。耳鼻科ではなく、内科の診察を受けることも必要となります。

体の中では一切鳴っていないにも関わらず、鳴っている感じがする症状を自覚的頭鳴りと言います。これが最もよく知られている頭鳴りの症状です。耳や耳と繋がりのある鼻や目を原因としている可能性が高いですが、生理現象であるケースも考えられます。

特に問題ない可能性もありますが、気になる場合は耳鼻科を受診しましょう。頭鳴りで感じる音の高さでも種類分けすることが出来ます。金属音や電子的な「ピー」「キーン」という音が感じられる症状を高音性頭鳴りと言います。

年齢の経過で発生することも多いですが、難聴になる前触れであることもあるため、看過することは出来ません。

たまに聞こえる程度ならそれほど気にする必要はありませんが、頻繁に発生する場合はすぐに医師に相談しましょう。工事現場のような「ゴーン」という低い音が聞こえる症状を低音性頭鳴りと言います。

ストレスや気圧の変動によって現れる症状です。

ストレスを原因としている場合はそれほど問題ではありませんが、ストレスが特にないにも関わらず聞こえてしまう場合は要注意です。

ある日突然頭鳴りが発生する突発性と、ずっと続いている慢性とどちらの症状に関しても気に留めている必要があります。大切なのは症状の変化を察知することです。

急激な変化があった際には医師の診察を受ける必要性が高いです。


コンテンツ

  • 治療法

    当サロンのチリ用法について詳しくご案内しています。当サロンでは、赤ちゃんのような優しさで、をモットーに「触れ方」を重視したサロンです。自律神経の働きや血流の悪さは日頃の生活習慣から起こってきま …

  • 治療方針

    できるだけ痛みを与えないよう、低刺激で施術します。痛みを感じると、その分だけ身が固くなり、抵抗感が増します。すると、深部までほぐれることはなく、表面的なケアで終わってしまいます。そうならないよ …

  • サロン設備

    当サロンは、安心と安らぎを感じて頂けるよう、いつでも深い眠りに就くことが出来るリラクゼーションスペースをご用意しています。日頃のお疲れを癒しながら、根本的な改善を目指して頂ける唯一のサロンです …