四十肩の温泉治療

様々な症状を頻発する肩の痛み

五十肩は50歳前後に発症する肩周囲の関節の腱に起こる炎症のために肩から腕にかけて痛みが出て動かしずらくなる疾患のことで肩関節周囲炎の一種と言われています。今のところ詳しい原因は分かっていませんが加齢や肩の使いすぎが関係しているのではないかと考えられています。

一般的には着替えや腕を後ろに回したり、高いところのものを取ったりすることが困難になります。痛みの起こり始めは激しい痛みであることが多く、場合によっては一時的に内服や注射で鎮痛薬を使うことがあります。炎症が治まり始めてからは痛みも少しずつ引いてくるため患部周囲を温めて肩や腕をよく動かすようすると関節周囲の炎症後の癒着が治りやすくなります。

四十肩と五十肩の治療には温泉が効くとされるのは患部を温めることに効果があると考えられます。効く温泉の種類としては単純泉、塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉などほとんどすべての温泉があげられます。

また温泉によっては温まった体が冷めにくいもの、肌がすべすべになるもの、皮膚の傷に殺菌効果のあるものなど様々な効果が期待できます。しかし人によっては皮膚への刺激が強すぎるなど温泉の泉質が体に合わない場合もあるので注意が必要です。


コンテンツ

  • 治療法

    当サロンのチリ用法について詳しくご案内しています。当サロンでは、赤ちゃんのような優しさで、をモットーに「触れ方」を重視したサロンです。自律神経の働きや血流の悪さは日頃の生活習慣から起こってきま …

  • 治療方針

    できるだけ痛みを与えないよう、低刺激で施術します。痛みを感じると、その分だけ身が固くなり、抵抗感が増します。すると、深部までほぐれることはなく、表面的なケアで終わってしまいます。そうならないよ …

  • サロン設備

    当サロンは、安心と安らぎを感じて頂けるよう、いつでも深い眠りに就くことが出来るリラクゼーションスペースをご用意しています。日頃のお疲れを癒しながら、根本的な改善を目指して頂ける唯一のサロンです …