産後の頭痛

様々な症状を頻発する頭の痛み

出産後に頭痛を覚える方が比較的多くいらっしゃるようです。頭痛の一番の原因は寝不足かと思われます。生後間もない赤ちゃんはまだまとまった時間寝てくれません。赤ちゃんが起きている時は起きていなければなりませんし、寝ている時はここぞとばかりに家事に励んでしまうのではないでしょうか。

昔ならば、産後1ヶ月から1ヵ月半くらいはお布団を敷いたままにして、なるべく休むようにしていたようです。それほど産後は体を休めなければならない大切な時期なのです。

おばあちゃんが一緒に住んでいたり、実家に帰っていたりすれば、家事はお母さんに任せて自分は休めるでしょうが、最近では出産も産後もひとりで頑張ってしまうパターンが増えているようです。

こんな時くらい誰かに任せてゆっくりできたらいいのですが、なかなかままならないのが現状のようです。私は出産する前に先輩ママさんに、「赤ちゃんが寝ている時は自分も寝なさい」と言われました。元気なつもりでも、産後最低3週間は横になるように心がけた方が良いようです。また、「産後の無理は年をとってからひびいてくる」とも言われました。

なるほどそうかもしれない・・・と近頃の体調を見ると納得です。赤ちゃんは3kgから4kgほどで、抱っこしていてもあまり苦にはならないでしょう。しかし、3kgのお米をずっともっていたら疲れるのは想像できますよね。かなりの重労働です。また授乳の際も腕や肩に負担が掛かります。そのため血液の循環が悪くなることも原因の一つとして考えられます。

肩を動かしたり、マッサージしてもらったりして肩や首の筋肉をほぐすこと、ゆっくり休息をとって頭痛の元をつくらないようにしましょう。お薬の服用は、産婦人科医の指示をあおぎましょう。母乳を上げている方なら特に気をつけましょう。もし、あまりにひどい頭痛が続くようであれば、一度お医者様に相談しましょう。


コンテンツ

  • 治療法

    当サロンのチリ用法について詳しくご案内しています。当サロンでは、赤ちゃんのような優しさで、をモットーに「触れ方」を重視したサロンです。自律神経の働きや血流の悪さは日頃の生活習慣から起こってきま …

  • 治療方針

    できるだけ痛みを与えないよう、低刺激で施術します。痛みを感じると、その分だけ身が固くなり、抵抗感が増します。すると、深部までほぐれることはなく、表面的なケアで終わってしまいます。そうならないよ …

  • サロン設備

    当サロンは、安心と安らぎを感じて頂けるよう、いつでも深い眠りに就くことが出来るリラクゼーションスペースをご用意しています。日頃のお疲れを癒しながら、根本的な改善を目指して頂ける唯一のサロンです …